VidCutter が落ちるので対処した

f:id:telltalk:20170907120035p:plain

 

VidCutter という動画編集アプリが軽くて気に入っていたのですが、起動しなくなってしまいました。なんとか頑張って動くようにした話です。

 

環境は Linux Mint 18 'Sarah' の MATE と SINNAMON の 64-bit です。

 

自分は英語サイト巡りで

 

$ sudo apt install python3-pip

$ pip3 install --upgrade PyOpenGL

 

 

の2つを実行しろってのを見つけたのですが、どこだったか失念w

 

日本語では

VidCutter 4.0.0が起動できないときの対処法 | Ubuntuアプリのいいところ

サイト様に同様のことが記載されてました。

 

ところがこの対処方で、すんなりO.K.とはいかず、以下のエラー

 

You are using pip version 8.1.1, however version 9.0.1 is available.

 

オマエのは pip の 8.1.1! 9.0.1 が欲しいんだ!(意訳)などと怒られます。

コレは簡単

 

sudo pip3 install --upgrade pip

 

と打てば

 

Successfully installed pip-9.0.1

 

となりました。

 

再び

pip3 install --upgrade PyOpenGL

またエラー

Could not import setuptools which is required to install from a source distribution.
Please install setuptools.

 

はいはい setuptools 入れるんですね

sudo pip install -U setuptools

 

で、も一回

pip3 install --upgrade PyOpenGL

 

 

めでたく VidCutter 起動しました。

 

pip3 install --upgrade PyOpenGL で PermissionError: [Errno 13] 許可がありませんが出るようならば、sudo 付けて sudo pip3 install --upgrade PyOpenGL で。