windows10 更新プログラムがインストールできないときの Microsoft Update Catalog

 windows 10 で更新プログラムがインストールできないことがまれに起きるので書き残しておきます。

 

 Microsoft Update Catalog をご存じない方のためにご紹介しておきます。

 

 本記事はもともと以下の更新プログラムに特化して書いていましたが、他のプログラムでも失敗する旨のご意見を散見いたしまして、だったら Microsoft Update Catalog 主体にしましょうと、書き直すことにしました。

 

 windows10の 累積更新プログラム KB4022715 がインストールできなくて途方に暮れてしまった話が元ネタです。

 

 HPの2540Pという、解像度低いくせにCPU爆熱で落ちるという、無意味なスペックのクソマシーンでの出来事だったのですが、万能とはいえないまでも、他のデバイスや別プログラムでも応用できますので、一応書き直して残しておきます。

 

f:id:telltalk:20170619035924p:plain

 

 失敗例です。

 

 この場合、0x800705b4 エラーなので、待つ、いろいろ( アンチウイルスソフトなどを )切るなどとやってみたものの進まずに失敗するパターンです。

 

 こういった場合、Microsoftから直接ダウンロードする方策も試す価値があります。

Microsoft Update Catalog

 ここにアクセスして右上検索欄で該当プログラムを検索します。

 

f:id:telltalk:20170621121329p:plain

 で、この場合

 

 windows10の64bit用

2017-06 Cumulative Update for Windows 10 Version 1607 for x64-based Systems (KB4022715)

を探していますので、一致するものをクリックすると小窓がポップアップします。

 

f:id:telltalk:20170621121726p:plain

 

これをクリックすれば、ダウンロードが開始されます。

 

f:id:telltalk:20170621144210p:plain

 

 あとはインストール。

 

f:id:telltalk:20170621121827p:plain

 

今回はこれで進んでくれてます。

 

f:id:telltalk:20170621121858p:plain

 

インストールが完了すると、安堵感が広がりますなあ。